歯を白くするホワイトニング治療でピッカピカ!【気になる治療内容】

ホワイトニング治療の効果を持続させるにはケアを欠かさないこと

治療中は日常生活に気をつけよう

ホワイトニング治療をしているときは、日常生活にも気をつけたほうが良いと言われています。色素沈着しやすい飲み物や食べ物・ケア方法などどんな部分に通いするべきなのか下記のランキングを参考にしてみましょう。

ホワイトニング治療中に気をつけたいことベスト5

治療
no.1

色の濃い飲み物は注意

赤ワインやコーヒー・ココアや紅茶など飲み物自体の色が濃ゆいものをホワイトニング中に飲んでしまうと、効果が半減してしまうと言われています。飲み物は日常的に飲んでしまうため、最も気をつけるべきポイントです。

no.2

食べ物にも注意

飲み物だけではなく、食べ物にも注意してください。カレーやミートソース・醤油など色がついてしまいそうなものも控えたほうが良いでしょう。飲食物は、歯に影響を与えやすいためランキングでも上位にランクインしています。

no.3

タバコは辞めるべき

タバコに含まれているタール・ニコチンなどの成分は、歯を茶色く変色させてしまうためホワイトニング治療の効果を高めたいのであれば、辞めるべきと言われているため3位に選ばれているのでしょう。

no.4

口紅などが影響することも

女性で、口紅を塗っている人も注意が必要です。ホワイトニング中に、口紅が歯についてしまうと影響を与えてしまう可能性があるため、つけるなら色の濃い物以外を選ぶか、歯につかないよう気をつけましょう。

no.5

ホワイトニング後直ぐの食事はNG

5位にランクインしている注意事項は、治療後の食事をとるタイミングです。ホワイトニング治療をしたあと直ぐに、食事をしてしまうと効果が半減する原因になるため1時間以上は時間の感覚をあけてください。

歯を白くするホワイトニング治療でピッカピカ!【気になる治療内容】

ウーマン

治療の前に口腔内をチェック

ホワイトニング治療をするためには、最初に虫歯や歯周病を治す必要があるため術前検査で口腔内状況を確認し治療できるか判断をするでしょう。もし、そこで虫歯などが見つかった場合は一度虫歯の治療をし完治してからホワイトニング治療に移ります。ですから、歯は常に健康に保っておいた方がいいでしょう。

口元

ホワイトニング治療中の注意点

ホワイトニング治療をしているときは、食事内容に気をつけ、タバコは吸わないようにしましょう。ホワイトニング治療をしている最中に着色しやすい飲食物などを摂取してしまうと効果が現れにくくなってしまうためです。

治療器具

定期的に通院し治療を受ける

一回のホワイトニング治療で白くなる人もいますが、もっと白くしたいという人は定期的に歯科を受診して治療を受けましょう。通院する期間は医師と相談しながら決めることができます。

ウーマン

効果を維持するなら定期的なケアが大切

ホワイトニング治療の効果を維持するなら、治療が終了しても定期的に歯科を受診しアフターケアをするべきです。約半年に1~2回程度通うことで効果をキープすることができ、着色汚れがついてしまっても直ぐに対応することができます。

ホワイトニング治療の種類

院内

オフィスホワイトニング

歯科で、歯医者に行なってもらうホワイトニング治療方法です。ホームホワイトニングよりも短い期間で施術を終えることができるため、早く歯を白くしたという人には最適でしょう。

ホームホワイトニング

自宅で専用のホワイトニングキットを使って治療する方法です。毎日ホワイトニングする必要はありますが、自分のタイミングでできるため気軽に続けることができるでしょう。

セラミックを使った治療

虫歯治療のさいに歯を削り、銀歯をつけているという人はセラミックの被せ物で気になる部分を白くしてみましょう。セラミックの種類によって、歯の色味が変わります。